田村商店

田舎米~田村商店~(ヒノヒカリ、森のくまさん、お米の通販店)
熊本県産のお米、ヒノヒカリ、森のくまさん、白米、玄米、もち米等の米の産地直送

商品カテゴリ

店長紹介

ご来店ありがとうございます。店長の田村いずみです。熊本のお米、ヒノヒカリと森のくまさん等、熊本米専門の米屋です。

当店は地元の契約農家と二人三脚で米作りをしており、水管理・米検査・精米と丁寧に取り扱っています。作り手と育った環境を知っているから安心して、お勧めできます。良質なお米をどうぞご賞味下さい。
にぎやかな食卓になりますよ。

日々、思いつくまま育児日記を書いています.お閑のあるときは是非覗いてみてください。

社員のブログはこちらから

 

HOME»  お米の炊き方

お米の炊き方

 

おいしい召し上がり方

ここではお米の洗い方・炊き方をご案内します。

日頃「田舎米」をいただいていますので、変化する気温やお米の環境等を踏まえて、お知らせしていきます。

  • 米をとぐ

炊飯釜、もしくはボールにあらかじめ水を入れてからお米を入れて、手早くかき混ぜ、水を捨ててください。

これは、米ぬかを洗い流すもので、ゆっくりですと、糠が水を吸収してしまいおいしくない原因になります。

再度水を注ぎ入れ、もう一度手早くかき混ぜ、水を捨てます。

再び水を注ぎます。

今度はやさしくもむように、10回ほど混ぜ水を捨てます。

その作業を水が白く濁らなくなるまで繰り返してください。(2回ほど)

ここでは、ごしごし洗わない事です。

お米が傷ついたり割れたりして、炊きむらの原因になります。※すこ~し濁っていたほうがおいしいです。

  • 水加減

標準的には、お米の量の約1.2倍です。

メモリ丁度といったところですが、炊飯器の種類や、電気・ガス、季節によっても微妙に違ってきます。

まずは標準から初めて見ましょう。今の季節はちょっと増やすのですが、ご家庭の好みの基準が先ですね。

  • 水につけておく

水加減ができたら、お米の漬け置き時間です。

「田舎米」の場合は、夏の時期で20分位、冬で40分位そのままにしておきます。少し短いと思われるかも知れませんが、お米の水分量は以前より高くなっているので大丈夫です。

ミネラルたっぷりの証拠です。

  • 炊飯

炊飯器に任せましょう

  • 炊き上がり

ご飯が炊き上がったら、20分ほどふたを開けません。(重要です)

その後すぐに食べるのではなく、ごはんの上下をざっくりまぜ合わせ中に空気を入れてください。これが蒸らしになります。

  • さあ召し上がれ

わが家の好みの硬さを決めて、水加減の基準を作ってください。「おいしいね」といっていただけると最高です。