田村商店

田舎米~田村商店~(ヒノヒカリ、森のくまさん、お米の通販店)
熊本県産のお米、ヒノヒカリ、森のくまさん、白米、玄米、もち米等の米の産地直送

商品カテゴリ

店長紹介

ご来店ありがとうございます。店長の田村いずみです。熊本のお米、ヒノヒカリと森のくまさん等、熊本米専門の米屋です。

当店は地元の契約農家と二人三脚で米作りをしており、水管理・米検査・精米と丁寧に取り扱っています。作り手と育った環境を知っているから安心して、お勧めできます。良質なお米をどうぞご賞味下さい。
にぎやかな食卓になりますよ。

日々、思いつくまま育児日記を書いています.お閑のあるときは是非覗いてみてください。

社員のブログはこちらから

 

HOME»  お米の精米工程

お米の精米工程

 

精米は精米機に頼るだけでなく、

人の目、手、感覚、そして

経験から培った技術が第一と考えています。

 

田舎米ができるまで(白米の工程)

玄米で集荷された米は、検査後、当店に大切に保管されています。お客様から注文が入ると、いよいよ白米にされるのですが、その工程をご紹介します。

1、まずは、磁石にて金属を取り除きます。

2、混米機(こんまいき);

同一品種の玄米を、数件の作り手である、契約農家の土壌状態や育成段階、米検査によって得られた情報、などを総合して、どの玄米を混ぜ合わせるか、決定します。(社長のこだわりがここにあります。)この混米過程が、当店のお米の味を左右しているといえます。社長いわく「一番神経を尖らす時間」だそうです。この過程をすることによって商品の味はいつも“ぶれ”がなく田舎米の味となっています。強みは、生産者のことをよく知っていて、お米の特徴を把握していてこそできる仕事だということです。

3、石抜き機(いしぬきき);

石や、不純物を取り除きます。

4、精米機(せいまいき);

明治の初め、日本で始めて精米機を作り出したのが、佐竹利一さんです。今では、業界トップクラスのメーカーに成長していますね。当店の機械も同一種を使用。また、ご近所の農機具店から購入しているので、メンテナンスも安心です。ここでは、糠を取り除く工程が、行われています。糠は、とてもおいしいとはいえません。ただし、とりすぎると粒の小さい、栄養価地の無い米になってしまいます。技術・経験・知識・勘が要求されます。

5、砕米取り機(さいまいとりき);

小さい米(くず米といいます)と砕けている米(砕米といいます)を取り除きます。

6、色彩選別機(しきさいせんべつき);

虫食いの米(着色粒といいます)や米とは違った麦など(異種穀粒といいます)を取り除きます。田舎米には、ほとんどありません。

7、計量器(けいりょうき);

設定した重量の米を測ります。

8、梱包(こんぽう);

袋詰めです。

 

※お客様のご希望があれば、お好みの精米(5分つき、7分つき等)をいたします。写真は7分つきのヒノヒカリです。胚芽が残っているのがお分かりでしょうか。