田村商店

田舎米~田村商店~(ヒノヒカリ、森のくまさん、お米の通販店)
熊本県産のお米、ヒノヒカリ、森のくまさん、白米、玄米、もち米等の米の産地直送

商品カテゴリ

店長紹介

ご来店ありがとうございます。店長の田村いずみです。熊本のお米、ヒノヒカリと森のくまさん等、熊本米専門の米屋です。

当店は地元の契約農家と二人三脚で米作りをしており、水管理・米検査・精米と丁寧に取り扱っています。作り手と育った環境を知っているから安心して、お勧めできます。良質なお米をどうぞご賞味下さい。
にぎやかな食卓になりますよ。

日々、思いつくまま育児日記を書いています.お閑のあるときは是非覗いてみてください。

社員のブログはこちらから

 

HOME»  お米の調理 レシピ

お米の調理・レシピ

 

調理例

ここでは、料理の専門家ではありませんが、少し個人的に楽しみながら書いています。笑ってやってください。

 

 

  

①おにぎり

炊き立てをほくほくほくと3回ほど握り、ごま塩を手のひらにちょっと付けてぎゅっぎゅっと2回ほど握ると良い。崩れません。付け合せは、梅干と大根の味噌漬けなんてどうでしょう。筍の皮は乾燥させて保存できます。使う前に30分ほど水に浸けてしんなりさせてから包んでみてね。

②焼き飯

具はハム、たまねぎ、にんじん、ピーマン、セロリが定番。ご飯を少し冷ましてからスタートです。卵をサッと炒って取り出す。後は具をいためてご飯を入れて、強い火力(ガスがいい!)で素早く炒める。味は塩と胡椒、しょうゆ。チャーハンの素はキモチかな。お好みですね。無くてもいい。最後に卵とレタスを加えて出来上がり。ゴマをかけて香りもつけてみましょう。

③まぜご飯

具は、筍、にんじん、ごぼう、椎茸、ちりめんじゃこ、こんにゃく、揚げ豆腐、彩りにグリーンピース、蒲鉾。具を塩と砂糖、薄口しょうゆで味付けをする。後は酢飯に混ぜるだけ。我が家では料理は手の勘、経験の勘で作りますので毎回微妙に違うのですが、なんとそれが食べる人を飽きさせないコツらしいですよ。数字にとらわれずオリジナルで行きましょう。

 

   

④かるかん饅頭とよもぎ饅頭

米粉を原料とする、蒸した饅頭は、鹿児島県で有名な“かるかん饅頭”

もち粉を原料とする、よもぎがいい香りの“よもぎ饅頭”です。

⑤正月7日の七草粥

 

せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、の七種類の野草が入ったお粥です。正月7日の朝に食べるのが一般的です。邪気をはらい万病を除く占いとして食べています。また、おせち料理などで、疲れた胃を休め、冬場の不足しがちな栄養を補うという、役目も果たしています。

 

⑥ぜんざい

1月11日は鏡開きです。お正月の間お供えしていた鏡餅を木槌でわって、これを雑煮や揚げ餅、ぜんざい(お汁粉)等でおいしくいただくという日本の風習です。おめでたいのに「割る」は、縁起が悪いので「運を開く」から、鏡開きだとか。

また、鏡餅は、かびが生えたりひびが入ったりして、持て余しがちですが、それを合理的に解決した行事で先人たちの知恵ですよね。そこで、このかび対策ですが、いち早く冷凍しておけば長く持つのですが、ぎりぎりまで飾りたいご家庭は、飾る段階で、上下の重なる部分と、一番底の部分にキッチンペーパーなどで、薄く焼酎を塗っておくと、鏡開きまでは持つようです。来年お試し下さい。

⑦弁当

白ご飯に旬の野菜を使ったおかずで、秋の行楽弁当です。

炊きたての白ご飯に、梅干しがメイン。おかずはサツマイモを入れたかき揚げと大根の葉っぱの白和え。ごぼうとタケノコのきんぴらに卵焼きでどうでしょうか・・・