田村商店

田舎米~田村商店~(ヒノヒカリ、森のくまさん、お米の通販店)
熊本県産のお米、ヒノヒカリ、森のくまさん、白米、玄米、もち米等の米の産地直送

商品カテゴリ

店長紹介

ご来店ありがとうございます。店長の田村いずみです。熊本のお米、ヒノヒカリと森のくまさん等、熊本米専門の米屋です。

当店は地元の契約農家と二人三脚で米作りをしており、水管理・米検査・精米と丁寧に取り扱っています。作り手と育った環境を知っているから安心して、お勧めできます。良質なお米をどうぞご賞味下さい。
にぎやかな食卓になりますよ。

日々、思いつくまま育児日記を書いています.お閑のあるときは是非覗いてみてください。

社員のブログはこちらから

 

HOME»  ★ヒノヒカリのお話し

★ヒノヒカリのお話し

 

ヒノヒカリ

ヒノヒカリは、稲の品種のひとつです。

ヒノヒカリは、父に“コシヒカリ”、母に“黄金晴”の交配によって生まれた水稲うるち米です。「南海102号」とも言います。名前の由来は、西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、ヒノヒカリの米が光り輝くさまからつけられました。実際、粒の大きさはさほど大きくありませんが、粒に厚みがあり、全体的に丸みを持った粒ですので、たきたてのつやつやした輝きは、特徴のひとつです。

    

      

 

 

ヒノヒカリの玄米と炊き上がったご飯です。お届けするのはすべて1等米の検査済み商品です。

1990年に品種登録がなされて、多くの府県で奨励品種に指定されており、九州を中心に、中国・四国地方で、広い作付をしています。全国での作付面積は、コシヒカリ・ひとめぼれに次いで第3位の作付け品種であります。東北以北ではあまり聞きなれないお米ですが、いまや九州地方では代表的なお米に成長し、常用米として、人気があります。

財団法人穀物検定協会が毎年行う食味ランキングにおいて、最高の特Aにランクされた例もあり、極良であり、上の中に区分されています。

うれしいお知らせです。平成27年産米で熊本県産ヒノヒカリは、上記の食味試験に於いて、8年連続「特A」の評価を頂きました。

 

 

 

お米の保管

米は生きています。米を形成している澱粉、たんぱく質、脂肪等は、どの成分も貯蔵中に変化(古米化)し易く、特に高温多湿に弱いと言われています。いつまでもおいしくお召し上がりいただくため、次の事項に注意して保管をしてください。

  1. 米の保管容器はいつも清潔にしてください。(糠等が付着しているとカビ発生の原因にもなります。)
  2. できるだけ涼しい場所で屋外の温度以上に温度が上がらないところで保管してください。
  3. 湿度の多い所、台所など熱のこもる所での保管はやめて下さい。(気温が20度以上で湿度が多いと虫害、カビなどの発生原因にもなります。)
  4. 冷蔵庫などの保管の場合は結露現象が生じないよう注意して下さい。密閉容器に入れて保管していただくことで、鮮度は保持されますのでお薦めします。
  5. 米専用の冷蔵庫は最も適します。

   ヒノヒカリのご購入はこちらから>>ヒノヒカリ